スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
オラクル de 第31回フェブラリーステークス(GI)
今日は野風どのとクラシカルな旅籠をリノベした料理屋でしっぽりとランチデートだった(^^)

古く、歴史を感じさせるその建物は奥に長く、中は想像以上に広く、お城のようでもあり、なんとも風情ある「旅籠」であった。

その古い階段を上り、3階の部屋に通され、そこでお昼をいただいた。

ホントに旅館っぽい部屋で、ふすまの向こうには布団でも敷いてありそうな勢いであった。

テンションは急上昇、旅籠で「チン察」かと胸が高鳴ったが冷静に考えてみたら真っ昼間から昼飯食べる処でそのような事が始まったらあっという間に出禁確定は間逃れないだろうということで苦難協議の末、「チン察」は保留となったのであった。

「珍〜Chin〜」の時代考証としても抜群のロケーションであったのだが。。


お昼もバランスの良い和食で美味しかったな〜。

野風どの、ご馳走さまでござりました。m_ _m





さて いよいよやってきました。

本年第一発目のG1、フェブラリーステークス。
東京ダート1600m。

ここに、キスショット・猫神・アセロラドリンク・ハートアンダーブレードとしての予言を遣わす。
なので記事タイトルは「オラクル(神託)」とした。


人気はベルシャザール。
2011年クラシック以降、長期休養を挟み、ダート路線にスイッチ→メキメキと頭角を現し、今や日本ピロアワーズ、ホッコー樽前などに並ぼうかというほどのダート界の新星である。

東京コースも抜群に良い。

人気なれどここはベルシャの為の舞台であろう。


相手にはもちろん前出の
ニホンピロ、ホッコー、そしてワンダーアキュート...
といった一線級が常道であろうが、今回はそれらはあくまで押さえ。

相手本線は根岸ステークス組から
東京ダートの鬼・ゴールスキー、東京ダートの重鎮・アドマイヤロイヤル、脅威の34秒台の末脚・シルクフォーチュンを狙う。

同じく根岸組のノーザンリバー、ダノンカモンまでが馬券対象に。

まだ絞りきれていないが、買い目をまとめると


★★★3連複1頭軸流しプラン

軸:11.ベルシャザール

相手:
【Aグループ】
1.ゴールスキー
9.アドマイヤロイヤル
16.シルクフォーチュン

【Bグループ】
7.ニホンピロアワーズ
15.ホッコータルマエ
4.ワンダーアキュート

【Cグループ】
6.ノーザンリバー
14.ダノンカモン

といった形か。

これ以上絞れなかったらベルシャ軸→【Aグループ】&【Bグループ】&【Cグループ】流しで28点買い。


さて次に
☆☆☆3連単プラン。

9頭もいるのでさすがにここは絞らなければ大変です。
さらに軸は2頭軸→最大6点流しのマルチということで36点くらいまで。

軸はベルシャザールとゴールスキーであろう。

あとは上記【Cグループ】のメンバーから1頭のみカット。


どれをカットするか。


・根岸ステークスでルパンの指定馬であるノーザンリバーは東京OK、結果も出しているので波には乗っている感じ。

・ダノンカモンはご高齢であるが東京OK、G1になると敷居が少し高く、三浦コーセーと減点材料?もチラホラ。

これらいずれかを斬っての勝負。

どっちだ!?

思い切ってこの2頭ともカット?

そしたら30点。

うう〜ん。。


悩むところだ。

ノーザンリバーは残しかな..?


あら?


なんか「神託」っぽくなくなってきた。

これではただの「予想」だにゃ。


ハハハ。


ま、しかし、神託も予想も同じ事。

今回第一発目のG1は上記プランにて狙い打ちできよう。




全然関係ないけどメルセデスが「グランツーリスモ6」とコラボしたというコンセプトカー(2013年ロサンゼルスモーターショー発表)があまりにもカッチョ良かったのでつい画像を拾ってしまった。

なんかすげー...





今日の格言 [由緒正しい旅籠でそんなコトは・・・す・る・な]
【2014/02/22 00:30】 | 競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<バンド結成! | ホーム | 代替開催DAYS>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://iillustrator.blog70.fc2.com/tb.php/23-23c88981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |