スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
俺の80年代・中学編 〜ツッパリ・クロージング・ブルース〜
ドンキーコング

まずこの画像を見ていただきたい。

これは80年代初頭のゲームセンターで人気を博した「ドンキーコング」というゲームである。

このゲームこそが、後にファミコンシリーズ等で爆発的な人気を誇る「マリオシリーズ」の原型なのである。

主人公・マリオがドンキーコングにさらわれたナントカ姫を助けに行く為に、コングのアジトに乗り込み、様々な障害を乗り越えながらお姫様を助けてはまたコングに連れ去られ次のステージへ...という無限ループが繰り返されて行くアクションゲームだ。

折しも俺たちが中学校の頃にはこの手のビデオゲームが街のゲームセンターを彩った。

今のように家にファミコンも無い時代だったので、「ビデオゲーム」は、1プレイ50円〜100円という現金を払って数分感の快楽を得るという、俺や連れのABちゃんにとってはオ○ニーの次に重要な娯楽要素であった。

週末になると親に外で飯を食うからといって500円とかもらい、もちろん飯は食わずに、友人とゲーセンに直行、わずか1時間もかからずに貴重な種銭を投入していくのであった。

しかし、この頃、ゲームという娯楽はある種の危険と背中合わせであった。


それは


「ツッパリ」たちだ。



上記資料は当時のツッパリのトレンドから見て、やや古いものではあるが、まずますのところ、このような感じであった。



80年代のゲーセン内におけるツッパリの出現率は100%といっても過言ではない。

「ゲーム機」と「ツッパリ」は抱き合わせだったのである。

あの頃のゲーセンは、現在のようにアミューズメント性の高く、明るいものではなかった。

中に入ると照明もろくに点いておらず薄暗く、さらにはゲーム機に段ボール箱で作った外部からの光をトコトンカットするようなものが置いてあった。

そのなんともいえぬおどろおどろしい雰囲気の中、ゲーム機からの電子音が鳴り渡り、タバコの煙が充満したその空間こそが80年代初頭のゲーセンの姿なのである。

そういう空間に巣食う人間の大半は眉を剃り、リーゼントやらパーマをかけ、校則違反の学ランをまとった恐ろしげな「ツッパリ」達であった。

ツッパリに絡まれるリスクは重々わかっていたが、ゲームという魅力の前ではどうにもならなかったのだ。

なので、出来るだけ、そういう人たちとは目を合わせないようにしながらも、目の前のゲーム機の画面のみを凝視し、わずか数分の快楽・興奮に身を任せる日々であった。



そんなある日の土曜の午後、俺と連れのABちゃんはいつものように行きつけの南風荘(中華料理店)裏のゲーセンに乗り込んだ。このゲーセンは1プレイ50円と、まるで中高生のみをターゲットにしていたかのようなリーズナブルなゲーセンであった。(まー中学生しかいなかったと思うけど。)

俺たちはツッパリからはほど遠い、学生だった。

服装も校則違反などはない。

というか中1の時に初めて買ってもらった普通の学生服を着たきりスズメだったので、真面目というよりは小汚いダサ坊だった。

あの頃、何故か街に外出するときも常に学生服だった。

考えてみれば私服でもよかったのではないだろうか?

校則だったからそれを守ってたのかな?

。。。そんな校則守ってゲーセンに行くってのもどうよ。。



そのゲーセンにはまだリリースされて間もない「ドンキーコング」が50円で出来るのだから、少々ガラの悪い雰囲気だろうが行くっきゃない!(80年代的言い回し)

そして50円玉を投入、プレイ!

その日はいつになく絶好調で、自身初となる5面(はっきりとは覚えていないが)クリアー!!

初めて目撃する新たなステージに興奮度はマックスであった。

そんな俺のもとに、ひたひたと忍び寄る怪しげな黒い影が。。

画面を凝視していても、その影の気配ははっきりと伝わってくる。

ククク...カモだ、カモがいやがる!

そんな声まで聞こえて来そうなほどに。



奴は俺に向かってオウコラ、テメエ、みたいな口調で絡んでくる。

まずい..!よりによってこんな絶好調の時に..!

頼むから放っておいてくれ!


俺の心の声をよそに、その男はもはや俺の真横に立ちはだかり、ゲーム機の画面と俺を交互に睨みながら

「コラ テメエ、なにシカトしとんじゃワレ」

とよくわからないいろんな県の方言を交えた脅し文句で攻めてくる。


あうっ

マリオがやられたっ...!



俺が無視し続けたものだから奴はよりいっそう声を高め、俺につかみかからん勢いで絡み始める。

「オ〜ゥラぁ あんちゃん、オメエ俺が誰だかよくわかってねえみてえだなあ コラぁ」

俺も貴重なマリオ1機を失った怒りからかいつになく苛立ち、

「ちっ ほっといてくれよ、こっちはそれどこじゃねえんだよ」

強気の台詞が奴のツッパリ魂を逆撫でしてしまった。

奴は俺の胸ぐらをつかみ俺をゲーム機から引き離そうとし

「なんだテメエ〜? やんのか? ああ!?ゴラ?」

ちっ

と俺は奴の手から逃れ、再びゲーム画面へ。

しかし、そんなアクシデントの中、もう集中出来ない。

それでも残りのマリオを可能な限りコントロールし続ける。

奴は俺にさらに近づき脅してくる

「オイコラ テメエよ、なめんなよ(出た!当時の決め台詞)

俺のバックにゃ族がついてんだからよ!!」


...俺はひたすら無視する。


「なんとか言えやこのダサ坊が!テメエ半チクにしてくれんぞ?」

「特攻の拓」の”地獄のリョー”ちゃんのようながなり方で攻めて来る。


...無視


何を言ってきても無視し続けた。

やがて奴はこのやりとりに少し飽きて来た(?)のか話題を変えて来た。


「オイ おめえよう、なんだ? そのダセエ学ランは?」

声の雰囲気も先程よりトーンダウンしている。

奴の中で明らかに何かが変化している。

とはいえ、奴を無視を続けてきた事も有り、必要以上に下手に出るとかえってまずい気がしたので敢えてタメ口で答えた。

「学生服?そんなもん、金がねえから買えねえんだよ。」

「なんだとコラ?誰に向かって口聞いとんじゃボケ」

「お前はなんでそんなに金持ってるんだ?」

目の前のダサ坊(俺)の、思いもよらぬタメ口に、奴は怒りと戸惑いで複雑そうな表情。

そんな奴を相手にした事なかったのか、それでも返してくる。

「あぁ〜? なめんなよコラ、俺はなあ、バイトしてんだよ


なんと?


い、一体これはなんのやりとりだ?

なんだか話がおかしな事になってきている汗

俺は戸惑いながらもやっと答えた。

「な、なんのバイト?」


そんな俺を見て、奴は勝ち誇ったように言った。



「新聞配達だわいやコラ」




ラスト1機のマリオが鉄骨から墜落、ドンキーコングがゲームオーバーとなる。

俺とコイツのゲームも終了だった。


これで話は終わったかと思いきや、奴はさらに食いついてくる。

「オメエも新聞配って学ラン買えや」

「いや、俺は... 無理... 早起き無理」

「なんだコラ根性無しがぁ!!」

「はい.. ぼ、僕、そういうのダメで...」



まさかのクロージング。



奴の言葉が痛い程に心に突き刺さる。

俺はそのとき、はっきりとわかっていた。

奴は因縁をつけにきたんではなかったのだ。

因縁は切り口。

本当の奴の狙いは...


そう、一緒に新聞配達をする友達が欲しかったのだ。

そして、奴は本当は努力家だったのだ。

親のスネをかじってメシ代をもらい、ゲーセンにつぎ込む俺なんかとは背負っているものが違いすぎる。


きっとこいつの家は貧乏で、腹を空かせた弟や妹がおり、奥の部屋では病床に伏した母親がせんべい布団の中で咳をうならせながら息子の帰りを待つ。。

親父は鳶職で奴が幼少の頃に不幸な足場の事故で亡くなり、「ててなしご」として周囲の友人から疎んじられ、母親まで病気になってしまったに違いない。

奴は屈折しながらも、屈折しきれずに兄妹や母への世話もせざるを得ない。

早朝から新聞配達に明け暮れ、日中は家事もこなし、学校へは昼前に遅れて到着、その理由をクラスメートに話せる訳もなく、「昨夜からずっと女(スケ)が離してくれなくてよう」と涙が出るような嘘で周囲を欺き、日常を渡りきる生活。

やっと空いた束の間の土曜日の午後にゲーセンにでも行ってみれば、呑気なダサ坊が、ぬるま湯につかったような顔をしてゲームに興じている。

奴の怒りも想像に難くない。

しかし、俺とてどうしてやることもできないのだ。。。(関わりたくないのだ。。。)


俺はなんだかとてもいたたまれない気持ちになり、無言のままその場を立ち、ゲーセンの隅に隠れてこちらの様子を伺っていたABちゃんを見つけた。


「もう、終わったんだよ?全て...ABちゃん...クスッ...」




今日の格言 [欲しい物ははたらいて手にいれろ]

【2014/02/16 01:02】 | 青春時代 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<代替開催DAYS | ホーム | 大珍事!船橋競馬で1度止まった馬が差し切り勝ち【サンケイスポーツより】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://iillustrator.blog70.fc2.com/tb.php/21-ccf0cf3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |