スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
戻って来た歯車 【メイン編】
【前回の続き】

既に活動限界近くまですり減った資金で挑まざるを得ない
メインレース、中山11R 第54回京成杯(GIII)

むむぅ〜

しかし...

東西のメインの買い目を計算したらとても現在の予算では買い切れない。
結局絞れていないのだ。

銀行にはあとどれくらいあったかな?

活動限界は迫ってくるも、投票締切までにはまだ少し余裕がある。

決断だ。

追い銭っ! おかわりだ坊ちゃん! ケチケチするなっ

5,000円、そう決めて2件となりの銀行→いつものコンビニ(ルパンRソンではない)へGO!

東西どちらかは取れる自信はあった。

西のメインに至っては、先日、ブログでこれみよがしに「予言」まで書いたくらいだ。

コンビニで入金を済ませ、即口座に反映。

そのままダッシュで自宅まで車を飛ばし、投票再開っ...!


ええと、、そう、まずは東っ!

京成杯。

皐月賞と同じコース、同じ距離。

当然出てくる馬は今年のクラシックを見据えている。

本番へのステップレースでは無いにせよ、同距離・同コースという設定はまだデビュー間もない馬達にとって、本番への適正を計る上では重要な物差しとなるのだ。

ただ、まだデビュー3〜5戦目の馬の事なのでデータとしては信頼性が低い。
あとは前走、前前走での実績や調子、ヤネ(騎手)、そして血統的背景くらいのファクターで行くしか無い。

しかし、この京成杯に限って、俺はある1頭がおそらく来るであろうと、予測していた。
前日のアセンション新年会でもまーしーにそっと予想を伝えたので後だしジャンケンではない。

6枠2頭が気になっていた。
しかも11番アデイインザライフ。

ビートルズのナンバーだが、俺の中ではウエス・モンゴメリのカバー曲。
あの太くつややかなGibson ES335で奏でられる極上のインストゥルメンタル。
クリードテイラー黄金期のCTI珠玉の作品。

ほとんど名前だけで選んでいるようなものだが、
ディープインパクト産で前走のデビュー戦が中山の2000m、追い込んでの差し切り。ヤネは戸崎で、今回は横山典にスイッチ。

これは間違いなく本番(皐月賞)へのイメージトレースだ。
ペースも展開も馬場コンディションも異なる本番はそこまで甘くはなかろうが・・・

今回のGIIIに限り、これでいけるっ...!

12.プレイアンドリアルとの勝ち負けになると睨んでいた。

朝日杯では本命にしたプレイアンドだったが、もう一歩のところで残念な結果に終わった事が記憶の片隅にあったのか、今回は本命にしきれなかった。

その2頭からの流し、というのが基本戦略だった。

しかし、最後の最後、軸の片割れ・プレイアンドリアルがまたしてもこけるような気がして、ビビって人気の16.キングズオブザサンと替えっこしてしまった。

これ、3連単の1着・2着指定。

結果、
12.プレイアンドリアル
16.キングズオブザサン
11.アデイインザライフ

直線大外から追い込んだアデイも届かず、3着まで。

「アルゼンチン式」と言われる特殊練習法で抜群の成果を出した
地方馬・プレイアンドリアルが快勝してしまった。

これで皐月賞への1番名乗りを上げ、有力馬の1頭となるであろう。

今年のクラシックはコスモバルク以来の地方馬活躍の年になるのか?

キングズもほぼ実力通りだったのではないだろうか。

アデイも本番に向け、十分に逆転の余地はある。
皐月賞に出てくれば、やはりこの馬を本命にした組み立てをすると思う。


今回は、ほんの少しの判断ミスで取り損なった。

思えばここでもある意味「キャットウォーク」になっていたのだ。

しかし

保険でアデイインザライフの3連複1頭軸流しをかけていたのでこれが取れた。

人気も割れていたのでこれが思わぬ好配当で、7,430円もついた。

自分にしてみればこの3頭は上位人気3頭みたいな感覚があったので、凄く美味しいような気がした。

だから、この3頭の3連単BOXでよかったのだ。最初から。

…と終わってみればそんな事ばかり思う。

実際には買えなかったのだから、それが俺の現実というものだろう。
現実は3連複…

だけどこの1勝はでかいっ…!

噛み合なかった歯車の凹凸が数センチ、ずれたのだ。

そして噛み合った?


続く京都メイン・日経新春杯(GII)もブログでの予言通り…

と言いたいところだが、当日の予想が少し変わった。
当初ブログではカワキタフウジンをプッシュしていたが、
コウエイオトメの方が熱い、そんな気がしてならなかった。

ルパンとも昼過ぎの電話で同じ意見だという事を確認していたので
コウエイオトメの穴はかなり高確率であると感じた。

もちろんカワキタも引き続き押さえる。

3連単馬券は
1着はアドマイヤフライト固定、
2着にコウエイオトメ
3着にカワキタ含む5頭くらいを選び、
2着と3着を襷がけにして10点程買う。

さらにここでも3連複の保険を打つ。
アドマイヤフライトからの1頭軸流し。

しかし残念ながら、ルメールの思い切った逃げで
サトノノブレスが勝ってしまった。

よりにもよって1番人気…

2着に本命が入り、3着にも人気サイドのフーラブライド。

3連単4700円という堅い結果ながらこれは取れず、やはり保険の方で取ったのだが、3600円くらい使ってしまった投資で
払い戻しが1,380円という結果に。。

鳥神家の一族となってしまう。


しかし、考えてみれば東西メインのWゲットということになる。

勝負の歯車は確実に噛み合い始める。

使徒殲滅なるっ...!

東の水揚げが少し多かったので、こうなれば最終レースにがっぷり4つで挑める。

さあ今日の総仕上げだ。


いったれ最終レースっ!!



ククク...ついつい長くなってしまう・・・

次回【最終R編】に続く



【2014/01/22 01:19】 | 競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<戻って来た歯車 【最終R編】 | ホーム | 戻って来た歯車【キャットウォーク編】>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://iillustrator.blog70.fc2.com/tb.php/10-bd5ba760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |