スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
超・高レートギャンブル「スルメイカミキサー」
まずタイトルからしてさっぱり分からないが、
ある日、俺の見た夢である。

以前にも紹介したが、俺はよく、シュールな夢を見る。
あまり印象が強かった内容は、「夢日記」につけるようにしている。
その夢日記によれば、今年の2月24日とある。

夢日記の使い道としてはいくつかあるのだが、
今回のようにブログで紹介して皆さんに人間の潜在意識の奥深さを見てもらって楽しんでもらうこと、
自分の潜在意識の一側面として記録しておくこと、など挙げられる。

そんな訳で、当ブログのカテゴリーには「夢」というものが追加されているのだ。

気になる方はそちらもチェックされたし。

まあ、まだそんなに記事はないんだけど...


で、今年2月24日に見た夢だが、
「高レートギャンブル」をするというものであった。

結果から言えば、大勝ちを収めることになる。

そんなゲンの良い夢、なんで今まで公表しなかったの、と言われれば
夢日記に書いたまでは良かったが、すっかり忘れていたのだった。

夢日記といっても、手書きのノートではなく、パソコンのテキストメモである。
日々、仕事やら何やらのファイルがどんどん生成されていくデスクトップの中にあって、うっかりすればそんなものの存在も忘れてしまいがちなのだ。

先日、ふと夢日記に気がつき、内容を見てみたら、なんだこりゃ?
本当に自分が見た夢なのか?

自分で書いておいて、にわかには信じられなかったくらいだった。
そんなもんなんだよな、夢って。

だからこそ、こうして日記として、テキストとして残しておいた俺は偉いと思う。
ナイス俺。

...と、とりとめもなく前置きが長くなったが、ぼちぼち本題に入ろう。


影縫余弦
影縫さんをもっと見たいならAmazonで「偽物語」をCHECK!!

影縫さん(俺にスロを教えてくれた実際の知人、名字が偽物語の登場人物と似ていたのでこのように表現している)から、高レート台の存在を教えてもらう。

誰もやろうとしないがその賭場はソフトドリンク代だけでも1,680円というとんでもない場所だ。
場所は「いずみ」(昔小学生の頃によく行った駄菓子屋)の奥の奥。暗い空間...

胴元?と思われる、しかし大変怪しげな男二人に付き添われ、ゲーム開始。
店員というよりはちょっとタチの悪そうなテキ屋のおっさんという感じだ。

最低レートの1万円分勝負を挑んだ。

そこにYちゃん(幼馴染みの友人)がいたので声をかけ、これから高レートギャンブルをすることを話す。
彼は逃げようとしていたが、その話を聞くと少し興味を持ったのか、側で見る事にしたらしい。

ギャンブルの内容は、コンクリートミキサー部のようなものの中にスルメイカみたいなゴムのかけら(産業廃棄物のようなもの)をいくつか投入してこれを流し、ひとりの男(B)が手元に流れてくるそのゴムのかけらを見ながら当たりを判断するというものだった。

どういう判断基準なのか全くわからないが何やら書類を見ながら当たりはずれを決めている…

...っていうか、ソレ、イカサマの温床じゃん!!
スルメイカサマっ...!!


このギャンブルはでかつて1100万円くらい持って行った人間もいたようだ。

今回の勝負は1万円だったので手持ちのゴムのかけらも少なく、あっという間に終わってしまう。

もうすでに勝負開始からあっというまに2/3ほどのゴムを流している。

やはり1万円くらいではダメか、と諦めかけていたところで

ゴムチェックの男「あ、これは今熱いのが来てるよ」

「な、何!? 当たるのか!?」

解説の表のようなものを見せられて、当たりつつあるその状況を説明される。

色んな図やら文字やらのコラージュ、ビニール袋の中身の確認(?)等次々にクリアしていき、どうやらかなり当たりに近いという事を知らされる。

こちらもテンションが高くなり叫び出す。

うぉぉぉ…!!いけっ!!神よ、オレを祝福しろっ...!!


高レートギャンブルの図

カイジを見たくなったらAmazonで ★うしろの百太郎を見たくなったらAmazonで


結果、どうやら当たったようで、もうひとりの男(A)も

「あんたまだ33やそこらだろ?そこまで若い人の当たりは久しぶりだよ…」

と褒めている。

...イヤ、33じゃないんだけど...

そしてYちゃんは何故か決まりが悪そうに逃げて行く。(今更)

その男(A)が、あいつは以前に始末書を書かせたからな、と言う。

何か悪い事をしてその現場を押さえられたらしい。


ともかく、その高レートギャンブルに勝利し、

いくら勝ったのかを聞くと

どうも137万円くらい…

ん...?


以上、ここまでが夢だが、冷静に考えてみよう。


まず、高レートギャンブルにしてはそんなに大勝ちではない気がする。
というか、このギャンブルの何が高レートなのか分からない。
最低1万円からって、何と比べたらいいんだ?
だいたい世間一般にはこんな賭博無い訳だし。

どう考えても詐欺まがいの強制遊戯システムっ...!!

しかし、まあ現実に1万円が137万円になったんだから詐欺でもない訳で。

いやいや、夢ですから!!


137万円ってのが妙にリアルだよね。

何だろう? その数字。

むしろそっちが気になる。。


最後に自己夢診断。

診断結果:

カイジ、賭けグルイ等の読み過ぎ、ギャンブル中毒患者の妄想にも等しい。
だが、しかし、だからこそあるっ...!そんな予想外な現実っ...!ほの見える勝利への道っ...!






スポンサーサイト
【2015/07/21 22:29】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
俺の夢
久々の記事となる。

先日、大工のMasiiと夢の話になって盛り上がった。

皆さんは夢を見るだろうか?

見ない、という人もいるが、俺は毎日見る。

もちろんほとんどの夢は見たあと忘れてしまうんで記憶には残らないが、何らかの夢を見た、という記憶はある。

夢を見ない人というのはホントに見ないのか、見た事すら忘れているのか、どうなんだろう...?

自分的には夢を見ないという事自体、それはそれで凄いことだと思えるのだ。

眠りの深さ浅さで夢見たりそうでなかったりというのはあるみたいだが、自分は眠り浅い方なんだろう...


さらに、夢を見るという人でも、その夢には色がついていない、という人もいる。

Masiiはモノクロ派らしい。

え?

俺、普通に天然色だけど。(ちょっと優越感)

当然、視覚、聴覚、嗅覚など5感が伴っている。

Masiiは「嗅覚」はあり得ないらしい。

そうなの?

匂いとかしない?

夢の特性とは、人によって様々な仕様になっているのだな。。



と、まあそのあたりから色々とこれまでに見た夢の話になった。

こういった話でよく出る夢の例といえば

「高いところから落ちる夢」

である。

夢を見た事がある人ならば大抵1度は経験するポピュラーな内容なんじゃないだろうか?

この手の夢は、ビルとか結構高いとこから意味も無く落ちてしまい、途中でハッとなって目覚める。

おー怖かった…夢か…

みたいな。

これがよくあるパターン。

俺もこのパターンは何度となく体験した。

しかし、「その先」を体験した人はそうそういないであろう。


実は俺は自慢じゃないが、

1度だけ落ちきった事がある。

かなりの高度から落下し、恐怖の中、いつもなら覚めるはずの目は覚めなかった。

そして地上に体ごと叩き付けられた。

それはそれはもう、人生最大級の激痛の中、のたうちまわって痛がった。


ぱないのう…

ぱないのう



大人になってからというもの、ほんとに良い夢を見る機会が少ない。

美しい夢、楽しい夢など、1年に1度あるやなしや。

常に何かに追われている感(概ね生活=支払い、仕事全般)がベースになっているから?

だから子供の頃には良い夢を見る機会が今よりずっと多かったはず。

そう、あまり覚えてはいないが少なくとも今よりは楽しい夢が多かったはずだ。

だからなんだ、と言われればそこまでなのだが、

夢ってなんか不思議じゃない?

自分の記憶と思しき部分もあるし、全くそうでない部分もある。

明らかに自分の体験ではないものが出てきたりする。




実は最近、予知夢みたいな夢を見た。
(そんな夢はほとんど見た事がないのだが)

飲酒運転の現場逮捕、という、かなりダークな夢だった。

普段酒は飲まないのに、その時に限ってべろべろに酔った上、あろうことか車を運転していて、そこをまっぽに抑えられ、言い訳のしようもない、絶望的状況に叩き落とされる夢だった。

目が覚めてからもしばらくはその夢が気になり、ヘヴィな気分だった。

と、数週間が経って、野風から

「ちょっと!!大変だよ、今朝の新聞にHiが出てた!飲酒運転で検挙されたみたい」

と連絡があった。(地方の新聞なのでこのくらいの事でもすぐに記事になるのだ)


Hiは俺や野風と同じ中学出身で、近年も何度か顔を合わせている。

俺の見たあの夢がまさかHiの身に降り掛かる出来事だったなんて…!?

そこまでは予想のしようもない。

彼とはそんなに近しい間柄でもなかったし、夢の中では捕まったのは俺自身で、彼に関する情報などは記憶にある限り出てきていなかった。

もしダイレクトに彼が出てきていたのなら、もしかしたら注意を喚起する事もできたのかもしれない。

これ、予知夢の一種じゃない?




そして、実は昨日の朝、またしても、、

ヘヴィな夢を見てしまったのだ。


舞台は中国(だと思われた)。

となりの省を超えてきた札付きの悪い中国人がその省の人たちに狙われて捕獲され、処刑されるっていう。

俺も何故かその省の人たちの中でその一部始終を見てしまっていた。

とても残酷なプロセスで、「悪い中国人」が処刑された。

人がそのように殺されていくのを、俺は初めて見た。

それはそれは度肝を抜くほどの「リアル」。

もちろん総天然色、視覚・聴覚・嗅覚を総動員してのフルHD画質だ。

そのリアルさゆえ、目が覚めてから終日、重く心に残っていた。(今でも…)

これは何を意味しているのか?

外国...

近く、戦争が起きるのか…?



「夢」とは一体なんなのだろう?

もう少しこの現象に対する洞察力や知識を学べれば、

人類にとって何か役に立つツールになるのではないか? などと思ってしまうけど。

やっぱりフロイトとかの領域なのかな..?

もっと簡単な解析方法はないのかな..

ま、仮にそんなノウハウを得たとして、真っ先に調査解明する事は…

そう…

未来のしかるべき動物競技の情報…

ビフ
【2015/02/13 11:15】 | | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
みちのく博打旅の夢
昨年か一昨年になんとも言えない夢を見たのだが、それを時々思い出す。
タイトル通りの内容なのだが、メンバーは4人。
ごっつぉ、犬山さん、倉橋さん、俺というキャスティングだ。

このメンバーで軽の汚いワンボックスカーに乗り込み、東北地方まで遠征し、競馬をする、という夢だった。
シチュエーションとしては、冬の足音の聞こえる寒い時期だったように覚えている。

という事は福島...?
まさに今の時期だ。

上記メンバーは、一応実在する。
みんな地元の2個上の先輩達だ。
ただし、中学校卒業して以来会った事がない。

普段彼らの事など意識した事もなかったが、何故かその時の夢に現れたのである。

さて、メンバーの名前と、夢の中での彼らの性質を紹介しよう。

■ごっつぉ
小学校の時に少年野球チームで一緒だった記憶がある。
確かその当時の野球の練習の時に俺があだ名を付けたのだ。
「ごっつぉ」とは、俺の住む地域で「御馳走」という意味の方言だ。

俺、昔から同級生や上級生に勝手にあだ名をつけると、何故かそれが周囲に浸透し、それ以降そのあだ名で呼ばれるというケースが非常に多く見受けられた。

このテキトーに付けられたあだ名をそれ以降出会った人にもフツーに呼ばれるため、場合によっては傷つき、グレて、中学校で俺の胸ぐらを掴み掛かかって決して撤回することのできない現実を怒りで表現してきた先輩もいた。

ちなみにその先輩には「チコちゃん」と名付けてしまったのだ。
同級の男子&女子からチコ、チコと呼ばれていたらしい。

キュートでいいじゃん。


…と、そのようにして私が名付け親であるところのこの「ごっつぉ」、
実名はほとんど記憶にない。
今回のメンバーでの実質リーダー的存在だ。
性格はよく居るタイプの人で、いたってフツー。
毒の無さ、クセの無さが一緒に居て楽なのであろう。友達は多いタイプだ。
今で言う「癒し系」なのかもしれない。


■犬山さん(仮名)
この人も、顔は覚えているのだが名前がどうしても出てこない。
というか、もしかしたらその当時の地元の人でなかった可能性もある。
俺の人生の中のどこかで出会った人なのかもしれない。
見た目はデブ。沈着冷静でメンバー中で多分一番ロジカルな判断ができるタイプだった。
表面上はごっつぉがリーダーだが、実質的にはこの人の判断で旅の状況が決定されていく、そんな感じだった。
ごっつぉとは無二の親友といった感じだ。


■クラハシさん(うろ覚え)
この人の実名も定かではない。
俺は保育園だったのだが、確かその頃から知っている人だ。
牛乳瓶の底のような眼鏡をかけたカトンボのようなタイプで、ベタなあだ名を付けるとすれば間違いなく「ハカセ」だろう。
「良き昭和」を代表するキャラである。
主に運転担当。
性格は意外におっちょこちょいで、馬券もおっちょこちょい。
おっちょこちょいなゆえに、メンバー内でのムードメーカー的役割を果たしている。
ごっつぉとも昔からの腐れ縁な人だ。

っていうかたまには誰か運転変わってやれよ...


■俺
このメンバーでは唯一年下で、今回の旅においてはゲスト的存在であった。
夢の中では全員と馴染んでいた。



といった面子での東北競馬旅。
競馬場に行くというシーンは無かったのだが、
軽自動車の中で新聞をひろげ、ビールやつまみを食べ散らかし、
来るべき勝負の予想を皆でする、といった内容であった。

40を遥かに超えた、イヤ、むしろ50に限りなく近づいた男4人がワンボックスカーにすし詰めで乗り込み
しょぼい種銭でギャンブルをする…

なんというノーフューチャーで救いようの無いシチュエーションなんだろう。

けれども、俺はなんだかそういうのが憧れでもある。
実生活がそれほどまともなものでないにしろ、この、さらなる「ダメダメさ加減」にずっぽりと身を任せてみたい、
そんな願望がこの夢を見させた要因だったのかもしれない。

今でもはっきりと覚えている。
なんだかとってもワクワクしていた。
狭いワンボックスカーの中で。
このメンバーと一緒で。

いつか、本当にこうした旅を実現させたいものである。


【事後報告】 でなんだが。

秋の天皇賞は1枠4枠7枠のBOX買いで撃沈した。
自分の中のマジック枠である。
さて、G1シリーズもいよいよ本腰を入れて臨まなければ。
次回エリザベス女王杯。

..って2週先か。
んじゃアルゼンチン共和国杯。
【2014/11/04 10:22】 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |