スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
エフェクター「かけ」物語
今回は久々に賭博以外のネタだ。

以前にもちょこっと紹介したことのあるエフェクターボード。
最初の頃は3種の神器しかなかったが、あれから紆余曲折を繰り返し、現在の形に成長している。
今回はその最終形に限りなく近づいたmyボードの解体新書だ。

興味の無い人にはほとんど意味が分からないかも。。



ラインナップは入力順から、

① Jim Dunlop / CBM95 Cry Baby Mini Wah
② MXR / Dyna Comp
③ BOSS / OD-1
④ BOSS / DC-2
⑤ MXR / Carbon Copy
⑥ TC ELECTRONIC / Ditto Looper
⑦ ERNIEBALL / VP JUNIOR 250K
⑧ TC ELECTRONIC / PolyTune 2 Mini

となる。


① Jim Dunlop / CBM95 Cry Baby Mini Wah
最近発売されたばかりのミニペダルワウ。
CRY BABYシリーズはあまたあれど、今回のダウンサイジングで
本当にコンパクトになった。当初、ワウはラインナップの計画には無かったのだけど、
この度のリリース記事を見た時に一目惚れ。迷わず買いだった。
これでファンキーなカッティングにも対応だ。

② MXR / Dyna Comp
3種の神器その【1】、ほぼつけっぱなし、使用頻度の1番高いペダル。
説明不要の定番のコンプ。
ギタリストによって好き嫌いがはっきり別れるペダルのようだ。

③ BOSS / OD-1
3種の神器その【2】
歪みの時にはやはりこれ。甘く粘り腰のある伝統のオーバードライブトーン。
所有ペダルの中では製造時期が一番古い。(1979年頃と思われる)
中古市場でも70年代のものは値段が張る。
初期のレイセオンというオペアンプ仕様のものは3万円をくだらない。
本機はその2世代くらい後に採用された4558系。以降SD-1シリーズでも一般的に使われるデュアルオペアンプ。
銀ネジ仕様、シリアルは#8900。

④ BOSS / DC-2
ディメンジョンと呼ばれる、ゆらぎのほとんどないコーラス。
音像が全ての空間に偏在する、そんな印象のエフェクトで、天羽セロニアス時貞風に言えば「天を祈る」が如く。
こちらもBOSS独自のエフェクターで、元はラックエフェクターであるRoland SDD-320からのダウンサイジング版。
操作も、たった4つのボタンだけ。4者択一。それぞれにエフェクトのかかり方が段階的に深くなっている。
個人的には左端の一番浅目のエフェクトを常時選択。もしくはボタン押さずにペダルオン(これも左端と同じ効果)

生産時期もわずか5年足らずで、とにかく市場にタマ数が少なく、そういった意味でOD-1よりレア。
製造時期は本コレクション中2番目に古く、1980年代中盤。
昔からディメンジョン好きで、当時SDD-320を所有していた。(結局ヤフオクで売ってしまったけど)
myボードラインナップにも是非入れたかったペダルのひとつだった。
実際にはあまり使わないけど。。 趣味の品ですかな。

⑤ MXR / Carbon Copy
3種の神器その【3】
アナログディレイ。こちらも使用頻度は高い。Dyna Compとセットで常時ONが多い。
時代を感じさせるモジュレーションがたまらなく気持ちいい。
myボード中、無くてはならないペダルだ。
Dyna Compをオフッても、これだけはかけ続けたい。くらいの。

⑥ TC ELECTRONIC / Ditto Looper
こちらは今時のペダル。エフェクターではない。「ルーパー」である。
あるフレーズをデジタルレコーディングして、それを延々と繰り返しループさせ、そのループをベースに練習したり、また別のフレーズをオーバーダビングして行く…
という使いようによってはデジタルマルチレコーダーみたいな事もできる便利な機械だ。
このルーパー、いろんなメーカーから出ていて、今やちょっとしたルーパーブームだとか。(ギター弾く人たちの間では)
とにかく、手軽で、操作もボタンひとつでシンプル、楽しく練習ができるのが素晴らしいという事で導入した。

⑦ ERNIEBALL / VP JUNIOR 250K
こちらは以前使っていたERNIEBALLのちょっとだけサイズが小さい版。安かったので新品で導入した。
踏み心地は例によってベリーグッド。一度これを使ってしまうと、他のボリュームペダルは無理。
シェイプも色も言うことなし。少し小さくなって軽くなって(?)さらに言うことなし。

⑧ TC ELECTRONIC / PolyTune 2 Mini
チューナー。6弦を同時にチェック/チューニングが可能なちょっと新しいタイプのもの。
ボリュームペダルのチューナーアウトから独立で繋いでいる。
現在使用しているYAMAHAのTHR10にもチューナーが付いているのだけど、ギターとボードを外に持ち出す場合、一応チューナーは必要なので
ボードのラインナップに参加することに。LED表示の視認性が大変良く、離れた位置からでもはっきりと判るのがいい。
近眼に加えて老眼まで入ってきた自分に優しい。また、チューナーをONにしていれば、リアルタイムで弾いた音の音階を表示してくれるのも面白い。
これは他のチューナーでも同じなのかな? まあ、8分音符以上のフレーズでは表示の視認が追いつかないのでそれは仕方ないけど。
ソロの譜面とりには役立つかもしれない。(譜面とか苦手なので)

と、以上がmyボードの内容である。



ちなみに、以前紹介したバンド「Aquarious」はよくある理由で昨年夏に解散している。
次にバンドを結成できるのがいつの話なのか分からないが、なんだかんだでバンドは楽しかったので、是非またやっていきたいと思っている。

あとは人の縁だよね〜...

次回「あたいがふ〜」
スポンサーサイト
【2015/05/14 11:12】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
音合わせ
本日、Aquariousの2回目の練習となった。
第一回目はベースのTakaっちゃんが来れなかったので、今回が実質フルメンバーとしての初音合わせであった。

曲は「Thinkin' of You」

これが初めての音合わせか?っていうくらいになかなかの出来だ。

皆、各自自主トレに励んでくれたお陰だ〜(^^)/

Takaっちゃんのベースも素晴らしい再現性だ。

ドラムスのEndやんと俺と3人で、CHICも夢ではない笑

鍵盤のMeguたんは実にソツなくこなす。

さすが現役プロピアニスト。

努力家で求道肌、言う事なしだ。

そしてKimiちゃん。

音域調整をして実際のキーより2度下にシフトすることで一番歌いやすい音域が判明。

そしたら本家のキャシーに迫らんばかりの実力を発揮。

水を得た魚の如くだ。

やっぱキーって大事なのね。。

こうして、Aquaruousは始動した。

それぞれが、毎回課題に気づき、それをクリアして、技術という名の階段を一歩一歩確実に登る。

バンドってすげえ。

一人では決して気がつかなかった事がどんどん出てくる。

そして徐々に皆、馴染み始めてくる。

人間関係にも音楽にも。

早くみんなでうまくなって、ライブが楽しみで仕方ない。


本日は高松宮杯だというのに、昼間っから練習だった。

出る前に一応馬券購入したけど。

6.リアルインパクトの単勝を2,000円!!

が、しかし。

今年はDr.コパの風水が猛威を奮っているかのような結果。

同じ枠の色だったのにね〜(^^;

次回、産経大阪杯にてリベンジだ。

そして次回の日曜日は俺の誕生日パーティー。

野風殿の手製のお弁当が(^^)

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

【2014/03/30 17:05】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
三種の神器・最終ペダル MXR Carbon Copy Analog Delay
さて、エフェクター三種の神器が揃った。

その3つ目の最終神器とは、
MXR Carbon Copy Analog Delay
である。



BBD遅延素子による、昔ながらのアナログディレイ。

ギターをかき鳴らせば、

ジャーン
ジャーン
ジャーン
ジャーン...


と、山びこエコー効果を出してくれるエフェクターだ。


普通、「ディレイ」といえば、今時は「デジタル・ディレイ」が主流だ。

デジタルディレイはこの衰退していく「こだま効果」が最後までクリアで繊細で、こだまとこだまの間の時間(ディレイタイム)が数秒以上設定できるのが当たり前。

一方、アナログディレイは衰退していく「こだま効果」もこもった感じで、ディレイタイムもせいぜい1秒あるかどうか。。(本機は最大0.6秒)

それでもこのアナログディレイ、現在でも根強い人気があるためにフツーに現行品として販売されている。

それは何故か。

特にギターを弾く人に好まれるのだが、ギターにかかるディレイというのはクリア過ぎると何故か味気なくなってしまう。

音は綺麗なんだけど、その分、全体的にやせ細った感じになってしまうのだ。

表現が難しいところだが、スペイシーで美し過ぎる音になってしまって、ギター本来の荒削りな良さとイマイチ合わない。

もちろん、そういう音が必要なシーンでは使われるが、基本、ギターはやっぱりアナログディレイが相性が良いと思われる。

ギターの持つ倍音や中低域の太さを損なう事無く、行き過ぎないスペイシーさを求めると、自然アナログディレイに行き着くのではないだろうか?

特にライブなどのシーンでは、このニュアンスがより如実に求められるかと思う。

ディレイタイムにしても、0.5秒を超えるようなロングディレイはほとんど使う事が無い。


という訳で、今回購入したアナログディレイはダイナコンプと同じく、MXRから近年リリースされたもの。

機能もそうだが、なんといっても名前がいい。

Carbon Copy Analog Delay

「カーボンコピー」

なんてネーミングセンスだ!!

名前を見てすぐに購入を決めた笑

カーボンコピー、つまり「字を書いたその下で複写される紙」という表現をエフェクターに対して命名しているのだ。

「アナログ」っていうニュアンスもうまく伝わってくる。

このあたりのセンスというか、遊び心は日本のメーカーではほとんどお目にかかれないんだな〜...


アナログディレイもフツーに現行品で出ていると書いたが、実は意外と選択肢が無かったりする。

中古で探すか、現行ならコレか、あと国内で2〜3種といったとこ。

デジタルディレイでアナログモードを搭載しているBOSSのDD-7という選択肢もあったけど、そもそもがデジタルモデリングなのでこちらはやはり却下。

機能ばかりいたずらに増えすぎたデジタルエフェクターは何の魅力もない。

家の練習用で使っているYAMAHAのモデリングアンプとかは例外だけど笑
(こういうのは逆に便利)

で、数少ないアナログディレイの中でも、このCarbon Copyを選んだのは、ネーミングと信頼のブランドバリュー?、決め手となったのが「Moduration」スイッチがついている事だった。

左上の白いポンポチスイッチを押すとエコー効果にモジュレーション(ゆらぎ)がかかる。
昔のディレイでよく使われていた音になる。
微妙なゆらぎだけど、これがまた気持ち良い。

満足の一品でした(^^)

とまあ、これでエフェクターは最低限、必要なものは揃ったかな。

エフェクターボード

欲を言えば、フェイスシフターやワウも欲しいとこだけど、今はこの3種の神器(ダイナコンプ・オーバードライブ・アナログディレイ)で十分だ。

元々ギターにあまりエフェクトをかけない方だけど、自分的に最低この3種は必要なのだった。

思えば昨年末にギターを買ってから、なんだかんだと、あっという間に色々揃えてしまった。

これもバンド結成という強力なモチベーションがあったからだろう笑


ついでにケースも新調した。



macbook air買った時についてきたAPPLEのステッカーがよく似合うアルミ(っぽい)エフェクターケース笑

(安もんだけど)


日々、ギターの練習するのもより楽しくなってきた〜!!



★追記1:エフェクターボード内のMXRのダイナコンプは、やはりライブ中心という用途を考えると、カスタムショップのものではあまりに現実的ではないため、現行品の中古をHardOFFにて購入(5,250円)

★追記2:エフェクターボード内のパワーサプライはやはり近所のリサイクルショップで発見、即購入。
YAMAHAからパワーサプライ出てたなんて知らなかったが、2,500円だったので笑

★追記3:エフェクターボード内の左端のボリュームペダルはアーニーボールの6188。やはり中古で5,250円。新品を買おうと思ってたけど、試奏してみたらあまりにノープレブレムなほどのスムーズさだったので気に入って購入。(上記ダイナコンプと一緒に)

★追記4:エフェクターボード内の配線の一部と、ギター→(in)&→アンプ(out)用のシールドをBELDENにして、これだけでエフェクター1台分かかってしまった。

★追記5:ぐぐっ..! わすれとった..! チューナーがねえ!!

★追記6:ここんとこ競馬がサパ〜リでなんとかエフェクター代を出そうともがけばもがくほど負け続けている。
競馬してなかったらもっと色々と(チューナーとか)買えたのであった。というか焼肉行けたのであった。

つくづく、お莫迦さん。



今日の独り言 [俺はスタイリッシュなので、全て形から入る 笑]

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

【2014/03/25 01:30】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
バンド名決定
本日、他のメンバーから託された(?)バンド名をkimiちゃんと討議し、一応決まった。

その名も「Aquarious」

そう、あの有名な飲み物の商品名でもある。

「Aquarious」とは「水瓶座」。

この20世紀から21世紀にかけて、俺たちが生きている時代は「水瓶座の時代」とも言われている。

色んな新しい文化や意識がブレイクスルーし続けて行く目覚ましい時代を象徴した星座である。

既に1960年代よりアメリカ西海岸を中心に、ニューエイジムーブメントの1つの象徴としてヒッピーとか反ベトナム戦争を唱える若者達によっても語り継がれて来た。

その当時の代表的なブロードウエイミュージカル「Hair」でもメインテーマとなった「Aquarious(邦題:輝く星座)」はあまりにも有名で、
30代以上の人ならだいたいみんな一度は聞いたことあるんではないだろうか。



原曲は5th Dimensionというグループの曲だが、「Hair」のサントラでの、キャストの黒人女性がソウルフルに歌い上げるバージョンも大好きだ。(アレはなんていう役者だろう?CDにクレジット載ってるかな?)

今回バンドを立ち上げる過程において、kimiちゃん的にも自分的にも色々とこのキーワードに合致してしまう節があり、お互いこの言葉しっくりきて、すんなり決まったのであった。

ちなみにKimiちゃんは水瓶座だった(笑)

バンド名決定の旨をLINEのグループにて発表、一応皆さんからのOKをいただく。


実は今月下旬のバンドでの初の音合わせを控え、今日はウチでKimiちゃんに来てもらって自主トレもしていた。

itunesを立ち上げ、それに合わせてギターと歌で。

曲は例によってSister Sledge「Thinkin' of You」。

Kimiちゃん、だいぶ覚えている。

なかなか雰囲気を掴んで来ている。

俺も負けじと、正確にリズムを刻もうと手首をしならせる。

これだけの練習だが、やはり相手がひとりでもいると、全然違う。

それなりの緊張感と高揚感が既に体を走る。


続く2曲目の「Riskie Blind Kiss」、コレは前回の記事でも紹介したように、俺のオリジナルで、ハタチの頃に作ったmyクラシックナンバー笑

歌詞とかコード進行とか、典型的な80年代?のもので、ベタなポップロック。

当時の曲をライブ用にアレンジしてMacのGarage Bandでデモを作った。

1コーラス目は俺、2コーラス目はKimiちゃん、とデュオ構成だ。

歌自体を覚えなければいけないので、今日はその部分を練習した。

なにせ、デモにはメロディーラインをなぞったオルガンしか入れてなかったので、具体的な歌い方がわからんと。。

そりゃそうだよな笑

俺もデモの段階で歌入れようと思ったけど、インターフェイスの関係から歌録りだけできなかったのだ。


練習後も興奮覚めやらぬ高揚感で、改めて音楽の楽しさを感じた。

こりゃあメンバー全員で合わせるのが楽しみだ。


自己満足かもしれないが、演っている側がこれだけ楽しめるのなら、きっとお客さんも楽しめると、そう信じたい笑


また第一回目の練習の様子もレポートしようと思う。



さて本ブログ主旨の馬の方だが、実はここんとこホントに勝てない日々が続いている。

まーしーなどは4月増税前の駆け込み需要もあってか、本業?の方が忙しいらしく、週末も馬がまともにできないらしい。

たまに合間を縫って参戦しても空回りばかりとかで、鬱病のようにブログをストップさせてしまっている。

...でも まあ

本業で無茶苦茶稼げてるからいいじゃないですか笑

お金は貯まる一方に違いない笑

やりたいことを出来ないストレスは気の毒ではあるが。。


そこだけ考えれば俺はまあ、やりたいことをできているので今幸せなんだな、と思う。

あとはお金...


で競馬...


久しぶりに勝ちたいにゃ。。

勝って野風どのと焼肉。。

チン察。。




今日の独り言 [音楽ってやっぱ楽しいわ]

【2014/03/19 00:47】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
BOSS OVERDRIVE OD-1
バンド活動スタートを目前に、「エフェクター3種の神器」その2、BOSS OD-1を入手した。

「エフェクター3種の神器」とは個人的に揃えておきたかったエフェクターベスト3で、
第1神器が以前にもここで紹介したダイナコンプ【MXR '76 VINTAGE DYNA COMP CSP-028】、そして次の第2神器がこのオーバードライブ【BOSS OD-1】である。

ギター好きな人なら誰でも知っている、ご存知BOSSからコンパクトエフェクター第1号機として1977年に発売された名器。
本機はシリアルより1980年頃のものと推定される。



「特攻の拓」で天羽セロニアス時貞が愛用していた事も有名で、このあたりのネタも手伝ってか(?)20年くらい前から中古市場価格が高騰している。(もちろん絶版品)

オーバードライブエフェクトとしては「王道系」と言われており、真空管の特性に似た歪みを演出する「非対称オーバードライブサーキット」から生み出される温かく、甘い歪みは今なお根強い人気を誇っている。

一般の中古楽器店などではものによっては30,000円以上の値がついたりしていて、安いものでも1万円台後半が相場...

色々と探した末、結局ヤフオクで落札した。

市場平均価格よりだいぶ安くあがったかと。。

経年変化で傷はもちろん、ツマミの化粧部分も剥げ落ちたりしているが、中身は特に問題もなく、あの甘い歪みを十分に発揮してくれている。

ストラト(雨寺)との相性も素晴らしく、ワイルドでありながらギターのピッキングニュアンスを殺すことなく伸びやかにかかるそのエフェクトは、30年以上経った今なお、くすむことなく生き続けている。


さて、残る第3神器は、これも現在ヤフオクにてウオッチ中。

落札したらまた紹介しようと思う。


しかし、エフェクター蒐集は楽しいな。

(なんなら練習より?)


3種の神器以外にも、まだまだ欲しいペダルが何個かあるので、週末の競馬でしっかりと稼がねば。

...と言っている矢先から、本日は新品エフェクターが1台余裕で買えるほど負けてしまった。

これではなんのためにヤフオクで節制して予算を抑えたのかよくわからん。。。


明日の弥生賞は

ビビっと来たよ!!


以前の記事にも書いたように
○アデイインザライフ

そして今回の本命!!
◎ネオイタリアン

3連系なら敢えてこの1頭
▲キングズオブザサン

上記3頭に、一応「キャットウオークセレクション」なのだが、、人気の
△トゥザワールド

を加えた3連単BOXで勝負!!



今日の独り言 [OD-1、これで人生2回目の購入...途中で売るなっつーのに]
【2014/03/08 19:44】 | 音楽 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ