スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
賭博アストロ超人・Mの復活
○○○○○(出品者の名前) 様

はじめまして。
この度、アストロ球団 完全復刻版 全5巻を落札しました
○○○○○(落札者、この場合私の名前)と申します。

取引終了までの間、よろしくお願いします。



という事で新年が明けてはや1週間。

年末に落札した「アストロ球団」がやっと届いた。

以前、同じものを持っていたのだが、多分手持ちのお金が無くなって
リサイクルショップか何かに二束三文で売却した記憶がある。

過去、そのようなパターンで同じ書籍全巻セットを3回くらい流通させた事もしばしばだ。

カイジシリーズも何回我が本棚に揃ったり消えたりした事か。


Amazonで超特急注文!!アストロ球団 完全復刻版 全5巻 完結セット【コミックセット】


遠崎史郎×中島徳博による骨太熱血超人野球マンガ。

【一試合完全燃焼】 が本作品の主軸コンセプトだ。

およそ野球というジャンルを大きく逸脱した物語で、

試合中に人が死ぬこと日常茶飯事

命を大切にして約束のない未来へ繋ぐことよりも、死をもいとわずその瞬間にいかに完全燃焼できるか…

そんな男の究極の生き様の数々が語られる超・高温度なマンガである。

まともな人間の倫理観を圧倒的に逸脱している。

そう、あのキャラクターたちの祖先といっても過言ではないだろう。


「あのキャラクターたち」がいっぱい出てくる!!逆境無頼カイジ DVD-BOX (5枚組)


そのあまりにも過激な特訓、試合内容は、もはや、いかなるギャグマンガですら追従できないほどの笑いをももたらしてくれる。


特に、印象に残ったシーンをひとつ紹介しておく。

一応の主人公であるところの宇野 球一(うの きゅういち)が、新たなる魔球を完成させるために、回転する作業用ドリルを握り、自らの掌(てのひら)を強引に変形させるという、もはや「特訓」という枠すら超えた「超人セルフ手術」を決行するシーンである。
もちろん、麻酔などという甘ったれたものは無しだ。



見たくなったでしょ?【アストロ球団 完全復刻版 全5巻 完結セット】はAmazonで!!

エグイシーンであることに変わりはないが、それほどの事をしてまで何かを得たいという強い欲求・情熱にはもはや頭が上がらない。

いかにマンガの世界であろうとも。

現実、大金をやるからと言われても、この行為とかあの行為は絶対に誰もできないであろう。


「あの行為」をもう一度見よう!!賭博黙示録カイジ 全13巻 完結コミックセット

そういう感嘆の念を抱かせてくれるマンガはとっても素晴らしい。

おっと、俺もつい、熱くなってしまったぜ。

なにせそれほどのポテンシャルを持つマンガなのだ。




あれ、また前置きが長くなってしまった。。


今年一年のスタートといえばやはり東西の「金杯」であろう。

ギャンブルの話だ。

競馬の話だ。


今年は大工のMさんと一緒に実戦/観戦となった。

Mさん、昨年の鉄火場&博打スランプが嘘のように次々と高配当を的中させていく。

しかも高レートで。

オイオイ、またか!?

あっという間に水揚げ10万を越えようかという全盛期の勢いを取り戻している。



何せ過去において、WIN5を立つ続けに的中させ、
誰にも言わずにすぐさま沖縄旅行にまで繰り出すほどの剛腕馬券師だったのだ。

3連単だって2点くらいで打ち抜く事2度や3度ではなかった。

その時も高レートで1点1000円...みたいな。



年末に、新たなる仕事仲間とのいざこざで、
金銭問題にまで発展し、
血で血を洗う現場の壮絶な鉄火場

を乗り越えたことがどうやら今回の覚醒を促したのだろうか。

もしくは、「訳アリ」で出かけた緊急東京出張、どうも女がらみらしく、
親戚の子供のお守りでディズニーランドに行った等と公言しているようだが、
ある情報筋によると、どうも
あちらで囲っている綺麗どころ女子複数とのラブ・カウントダウン
だったようだ。

煩悩の数だけ腰を突きまくっていたであろう事は、
帰国後のカモフラージュ・コメントからもうかがえる。

「東京まで車で長時間往復だったから、背中や腰がもうボロボロで…」
(全く疲れを感じさせない、肌ツヤの良いナイス笑顔で)



東京まで車で単独射出…超短期間での往復…

んな訳ないでしょ笑

どんだけアストロ超人なんですか。

「ゆく年くる年」の中継中ですら、千葉方面のラブホからその衝撃波が届いていたのだった。

ククク… 羨ましい…

そりゃギャンブルだって勝ちまくるわ…


これはここだけの話だが、Mは昨年末の離婚劇から全てを解き放たれ、

コンビニの女性店員に始まり、パチスロホールの女子従業員から

果ては美容室の担当スタッフ、さらにその上司に至るまで、

手当たり次第にあんな事やこんな事をやりたい放題で、

自慢のロンギヌスの槍とともに暴走し続けているのだった。








そんな調子で勝ち続け、トドメはメインレースの京都金杯。

馬連万馬券をやっぱりちゃんと押さえている。

な、何? 1点300円だ!?

終始勢いは止まらず、気がつけば大勝ち。

これは…もはや…神。


神といえば、「競馬の神様」と言われた人がいる。

競馬評論家・大川慶次郎。



大川慶次郎「予想の哲学」―競馬の神様と呼ばれた男 AmazonでGET!!


かつて、1日12レース全的中という神懸かり的な伝説を残したけれど、
大川さんは実はまあ、予想が堅いので、たまたまその日のレースが全て人気サイドの決着だったので
実はそんなに離れ業とは言い難いのだ。

そんな大川さんだって、馬連80倍超の馬券を1日3つも4つも取れるかといえば、否である。

大川さんに限らず、世の競馬評論家、予想家、ひいては競馬メディア編集者だってそんな事はできないだろう。

しかるに、覚醒した大工・Mは完全に逸脱していた。

まさに「アストロ賭博超人」なのである。

翌日になってもその熱は覚める事を知らず、スロットで大枚を打ち抜く。

ハーデスだって鼻歌まじりで天井を追うといった余裕。

Mは、もう、完全に全盛期の姿を取り戻したのだ。

鉄血にして、熱血にして、冷血の博打打ちの王・
キスシタロカ=アセルナロリコン=ハードナアンダープレイメイト
とは彼の事。





あっ 上映今日からだ!!

は、早く見たい〜!!!

スポンサーサイト
【2016/01/08 11:58】 | 競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2015有馬記念 スピリチュアル予想
明日はいよいよ今年を締めくくる競馬のオーラス・有馬記念だ。

俺は毎年有馬記念はちょっと変わった予想の仕方をする。

最近の本ブログでの記事ネタにも通ずるのだが、
「瞑想イメージ予想」である。



イヤ、違うぞ鬼形くん、決してこのブログは宗教がらみではない。
ちなみにAMAZONで注文すればと明日届くぞ!!恐怖新聞 全5巻完結




...最近、だんだんこのブログは怪しくなってきた。書いている俺ですらそう思う。




何事も無かったかのように話を元に戻そう。

「瞑想イメージ予想」とは、
字面のまんまで、まあ、瞑想しながら当日の有馬記念でスタートから最後の直線までを想像する。
そして最後はどの馬がゴールしたか、というイメージを直感的に感じるためのスピリチュアル予想法だ。

偉そうに言っているが別に俺はそういう特殊な能力がある訳ではない。
でも、自分の中で蓄積された馬の過去のレースや実績からそれなりに
なんとなくではあるがそういうイメージが出てくることがある。

ちなみに2011年のオルフェーブルが優勝した有馬記念も、この予想法を試み、
見事に3連単を的中させた。

まああの時はオルフェが頭、というふうに最初からわかっていたので、
その上で瞑想イメージ法と合わせ技で予想したらドンピシャだった。

最初からわかっていた…

それはオルフェが明らかな1番人気だった、という下馬評からではなく、
勝つ馬を事前に知る事のできる予想法もあるのだ。

ならそれを使えよ、という向きもあるだろう。

しかしこれらの怪しい技は、毎回使えるものではなく、
ある種のタイミング、そして「気づき」が必須になってくる。
さらに、そのタイミングで得られた情報も100%ではない。(経験上)

その1着馬をあぶり出す予想法はまた別の機会に紹介しようと思う。
俺でなくても、誰にだってできる簡単な方法だ。
当たるときは恐ろしい精度で当たるんだけど。

ともかく、今回の瞑想イメージ法を使って導き出されたイメージとは。

レースで終始先行する2頭は、12番リアファル、これを追いかける形でキタサン、ラブリーデイあたりであった。
4角手前でいよいよレースが動き始め、この2、3頭にぞわっと後続馬が接近する。

中でも鮮やかな脚でアウトサイドから躍り出た馬がいた。
オレンジ色の帽子。

ゴール前100mくらいでルージュバックは一気に叩き合うリアファルとラブリーデイを抜き去った。
さらにルージュは、同じオレンジ色の帽子の馬を連れてきていた。

なんと最低人気(12/26現在)のダービーフィズだ。
信じ難い瞬発力で一気にルージュバックに襲いかかるも、
1馬身差でルージュバック快勝。
2着ダービーフィズ。
3着争いはクビ差でラブリーデイが踏ん張るリアファルを競り落とした。


arima2015

そんな… まじすか…

結構リアルなイメージであったが、
そういう馬券は普通の頭ではちょっと発想しにくい。

だからこそ、こういう予想で出てきた内容には大変興味がある。

という訳で、前日の今日だが、
忘れないうちにPATで購入しておいた。



3連単で13-14-4を500円。
さらに、2着ダービーフィズというのがどうしても信用できなかった(固定で買うのが恐ろしかった)ので、
3連複で13を頭にして、先ほどの2・3着を含む
4・7・9・12・14への流し馬券を200円ずつ。

しかしこの3連単、もし来たら凄い配当だよな。

正月は天国だなあ。

なにしよっかなあ。

やっぱピッカリさんかなあ。

てへペロ。

結局それかよ…


とまあ、以上が瞑想で出てきた映像だったのだが、
冷静な頭で考えた予想ではルージュバックは多分外すと思う。

そういう馬券も明日、ちゃんと抑えておこうと思うのだ。

理論(ロジック)か感性(クリエイティブ)か、どちらに軍配があがるのか。
あるいは両方崩れるのか。

今年最後の勝負?

いざ。
【2015/12/26 22:31】 | 競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏の風物詩「白くま」...でなくて函館記念
暑い夏、アイスを食べたくなるのは誰しも同じだろうが、俺には定番アイスがある。
「白くま」である。

しろくま

結構前からあるアイスなのだが、当時、俺はこのアイスには全く興味が無かった。
何一つ惹かれる要素がなく、食べず嫌いといってもいい程にスルーしていた。
そんなあるとき、たまたまコンビニで出会った高校時代の友人が、「アイスを食べようや」といってこの白くまをおごってくれたのだった。

ソイツは地元でも優良企業の社長をしており、金はかなり持っていて、そんな高いアイスを平気で買う事になんだか妙な成金趣味を感じてしまっていたので、まあ味とかではないんだろうな、こういう人は...って思っていた。

おお、ありがとう、と言いつつも、心の中では
「ん〜... なんだか微妙だ...ガリガリくんでいいのに...」
と思いつつ、ソイツと二人並んでコンビニの前で中学生のように座り込んで「買い食い」をした。

初めて食べたその瞬間、俺は大いなる誤解をしていた事に気が付いた。

う、無茶苦茶美味しいじゃん!?


白くま、すげえ!!
贅沢なフルーツや小豆のトッピングもさることながら、それらのベースとなり、全体ボリュームを形成するアイス、
これがなんともいえず美味しい!!
そう、この周りのアイスは練乳がたっぷりと染み込んだ甘さの極北であった。
まさに「白くま」だ。

宝石箱のごときフルーツ達との相性も抜群だ。

コレはクセになる。

とまあ、そんな事があって以降、俺はすっかり白くまの虜になってしまっていた。
今でも、コンビニにアイスを買いに行く時は白くまオンリーである。

...おっと、このままではなんだかアイスの記事になってしまいそうだ。


今日は久々に明日行われるGIII 函館記念を予想してみようと思う。

夏の風物詩といえばこのレース。
そして思い出の多いレースだ。

自慢ではないが、いや自慢だが、2004年の同レースに多額の金を賭けた事がある。(その当時つるんでいた友人と共同で)
思えばあの頃が私の競馬人生におけるピークではなかったか、と思える程のイケイケっぷりだった。

3連複の軸1頭流し。
軸はクラフトワーク。
そこから5点程選び、オッズ毎のレイトを計算し、
計20万円くらいぶち込んで、50万円くらいになった記憶がある。

そしてその3年後、V3は決してないだろうと誰もが予想し人気を落としていた
エリモハリアーからの馬単1着固定総流しで43,000円をゲット!

...とか、まあ失われた過去の栄光にすがりつくだけの哀しい自慢だが、何かにつけこのレースは思い出が結構ある。

ただ、ここんとこ、競馬はサパーリ調子が悪く、連戦連敗なので、
ここはひとつ、白くまでも食べながら、北の大地の勝負の行方を。

※予想を読まれる方への注意
【本予想に責任は一切持ちません】
【競馬は結果論ですのでもしこの予想が当たったら官軍になります】
【外れた場合、その後の記事等では本予想について一切触れません。むしろ無かった事になります】

と、まずは紳士らしくエクスキューズ。

さあ予想だ。

買い方は俺の最もよくやる、3連複の1頭流し。

◎軸馬: 14.ヴァーゲンザイル
相手馬:
3.ハギノハイブリッド
5.ダービーフィズ
7.ラブイズブーシェ
10.リベルタス
11.エアソミュール
の5点に流し。計15点買い。

人気のエアが飛べば美味しい馬券になりそうだが。。

あれっ!?

ていうか。

楽天口座にお金が...

ナイ。
【2015/07/18 19:10】 | 競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2014年11月8日(土) 東京10R ノベンバーステークス 予想
久々に競馬予想してみるよ。

ターゲットは11月8日(土)に行われる東京10Rノベンバーステークス。
メインは2歳戦、ちょっとまだまだデータ不足もあり、やるとするなら準メインという事で。

東京芝2,000m。
1600万下。

オープンクラスに王手がかかりながらも、適鞍プログラムの少ない当レースは厩舎サイドの意気込みも自然強くなってくるというのが人情だろう。

かといって気合いを入れすぎても勝てるってもんでもないだろし、それは馬券を買う側もまた同じ。
やっぱ勝負事ってのはすべからく「勝ちの流れ」に乗れた者が勝つようになっているんだろうね。。

さて、前置きはこれくらいにしてさっそく予想をしてみる。

まずメンバー中、実力的にも抜けていると思われるのは
◎10.リベルタス
おそらく当日も1番人気であろう。
一応ハンデ戦でトップハンデ57kも、
鞍上の戸崎という事で相殺されよう。(と信じたい)
個人的にはあまり好きな騎手ではないけど軸を決めるのならまあ、この馬かな。

で、相手筆頭は、まともなら
○8.ブリッジクライム
○4.アイスフォーリス
あたりかな。

次は
★1.ロンギングダンサー
▲6.セセリ
▲12.セキショウ

といったところ。

ロンギングダンサーは今回鞍上弱化?も、それで人気が落ちるようなら買いと見る。
逃げるにはもってこいの枠で、密かに事実上相手筆頭と見ている。

セセリとセキショウのいったいったの展開もおおいに考えられるが
2頭とも1800m以上が微妙に長い感じ。
展開次第では前残りもあるかも?

他、そこそこ人気の出そうな
2.サフランディライト
5.ミエノワンダー
11.タイセイドリーム
はここは敢えて切り。

サフランはスタミナはあるっぽいけど微妙に馬券にならないような気が。
土曜日の勝春は魅力的なのだが。。

ミエノワンダーも毎回この条件で人気にはなるが案外とあとひと伸びが足りないし、
タイセイドリームは左回りに良績があるものの、肝心の東京でパッとしない。
人気が出てもヤネのせいと見る。

ちょっと怖いかな、っていうのがマイネル2頭だが
余裕があれば13.マイネルディーンは抑えておいた方が良いのかな?


という事で結論、
==================================
【3連複軸1頭流し】
10→1.4.6.8.12.(余裕があれば13)
こんで10点〜15点

当日リベルタスが2倍〜3倍台ならそこそこ回収は成るとみる。

おまけで
ワイド1-10
も1点だけ押さえておくと楽しめそう(^^)
==================================


2歳戦はあまり向かう気になれないが、もしやるとすれば
京都メインのKBS京都賞ファンタジーステークス。
4.エフェクト
相手はサッパリわからんので単複馬券で。

何故エフェクトなのか。。。

それはもちろん、「エフェクター」が好きだからだ。


【2014/11/07 23:58】 | 競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
復活 穴のY子、そして焼肉へ...
俺にとっても、Y子にとっても不振続きの数ヶ月。

長いトンネルを抜けると、そこは雪国だった。。

春の総決算・宝塚記念。

勝ったのはゴールドシップと横山典。

そんな馬鹿げた馬券など当然取れていない。

そんな馬券など要らない。

ムラ駆けする駄馬に意味不明の騎乗をするとてもまともなジョッキーと思えない四流騎手に頼って勝ったとて、どうなろう。

最初っからそのような選択肢は我らにはないのだ。

本日、ルパンとY子がうちに訪れ、久しぶりの3人観戦となった。

東京10Rまではからっきしのトンネルの中。

冴えない。

しかし、東京メイン・パラダイスステークスで2頭軸に据えた5.ミトラと8.コウヨウアレスからの流し馬券が契機となり、トンネルの出口の光をもたらす。

大きな配当ではなかったが、この3連複が阪神最終レースへとつながっていく。

リボン賞、ダート1400m。

3人で馬を選び、これにさらに何頭かプラスしての3連複勝負をかける。

結果、俺が軸に設定していた1番人気のエイシンライアンが危なげなく勝ち、
ルパンと共に気になっていたリュクスメジャーが2着、
そしてY子指定の人気薄・ハニードントが3着に。。。

来たっ!!

来たぞみんな!!

万馬券だ。

これはまさしくいつぞやの桜花賞パターンだ!!

思えば苦節半年、「焼肉に行きたいね」「や〜き〜に〜く〜」などと言うだけ言っていつのまにかリアリティを失っていたそのセリフがここに来て現実のものとなったのだ!!

そして、俺もそうだが、なんといっても本日の万馬券の立役者・穴のY子復活である。

一時は「GスポットのY子」の異名をとっていたが、あれは単にG1を勝っていたに過ぎない。

現在、馬もクラス降級があるようにY子もまた「Gスポ」→「穴の」に降級したといったところか。

しかしこの時期の鉄則・「降級馬は要注意」は人にも言えるのである。

とにかく俺たちの欲しいのはG1の勝ち星なんかではない。

平場であろうが重賞であろうがとにかく「万馬券」なのだ。

焼肉に行ける程の。

実際、今回の阪神最終で勝った金額など、大人3人で焼肉屋に行っても満足に食べれないかもしれない。
しかし、それでも「競馬で勝って焼肉に行く」というささやかな事実を可能にしてくれるものなのだ。

ここから夏競馬への怒濤の勝ちへの道が開けた様な気がした。

そこは、雪国。

そう、次に目指すは8月の札幌記念。

必ずや今年は札幌行き(豪遊)を誓う3人であった。

夏には小倉もあるね〜


今年も、そんな季節がやってきた。


今度の週末は焼肉屋で競馬会議としゃれこもうと思う。
【2014/06/29 23:01】 | 競馬 | トラックバック(0) | コメント(102) | page top↑
| ホーム | 次ページ