スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
賭博アストロ超人・Mの復活
○○○○○(出品者の名前) 様

はじめまして。
この度、アストロ球団 完全復刻版 全5巻を落札しました
○○○○○(落札者、この場合私の名前)と申します。

取引終了までの間、よろしくお願いします。



という事で新年が明けてはや1週間。

年末に落札した「アストロ球団」がやっと届いた。

以前、同じものを持っていたのだが、多分手持ちのお金が無くなって
リサイクルショップか何かに二束三文で売却した記憶がある。

過去、そのようなパターンで同じ書籍全巻セットを3回くらい流通させた事もしばしばだ。

カイジシリーズも何回我が本棚に揃ったり消えたりした事か。


Amazonで超特急注文!!アストロ球団 完全復刻版 全5巻 完結セット【コミックセット】


遠崎史郎×中島徳博による骨太熱血超人野球マンガ。

【一試合完全燃焼】 が本作品の主軸コンセプトだ。

およそ野球というジャンルを大きく逸脱した物語で、

試合中に人が死ぬこと日常茶飯事

命を大切にして約束のない未来へ繋ぐことよりも、死をもいとわずその瞬間にいかに完全燃焼できるか…

そんな男の究極の生き様の数々が語られる超・高温度なマンガである。

まともな人間の倫理観を圧倒的に逸脱している。

そう、あのキャラクターたちの祖先といっても過言ではないだろう。


「あのキャラクターたち」がいっぱい出てくる!!逆境無頼カイジ DVD-BOX (5枚組)


そのあまりにも過激な特訓、試合内容は、もはや、いかなるギャグマンガですら追従できないほどの笑いをももたらしてくれる。


特に、印象に残ったシーンをひとつ紹介しておく。

一応の主人公であるところの宇野 球一(うの きゅういち)が、新たなる魔球を完成させるために、回転する作業用ドリルを握り、自らの掌(てのひら)を強引に変形させるという、もはや「特訓」という枠すら超えた「超人セルフ手術」を決行するシーンである。
もちろん、麻酔などという甘ったれたものは無しだ。



見たくなったでしょ?【アストロ球団 完全復刻版 全5巻 完結セット】はAmazonで!!

エグイシーンであることに変わりはないが、それほどの事をしてまで何かを得たいという強い欲求・情熱にはもはや頭が上がらない。

いかにマンガの世界であろうとも。

現実、大金をやるからと言われても、この行為とかあの行為は絶対に誰もできないであろう。


「あの行為」をもう一度見よう!!賭博黙示録カイジ 全13巻 完結コミックセット

そういう感嘆の念を抱かせてくれるマンガはとっても素晴らしい。

おっと、俺もつい、熱くなってしまったぜ。

なにせそれほどのポテンシャルを持つマンガなのだ。




あれ、また前置きが長くなってしまった。。


今年一年のスタートといえばやはり東西の「金杯」であろう。

ギャンブルの話だ。

競馬の話だ。


今年は大工のMさんと一緒に実戦/観戦となった。

Mさん、昨年の鉄火場&博打スランプが嘘のように次々と高配当を的中させていく。

しかも高レートで。

オイオイ、またか!?

あっという間に水揚げ10万を越えようかという全盛期の勢いを取り戻している。



何せ過去において、WIN5を立つ続けに的中させ、
誰にも言わずにすぐさま沖縄旅行にまで繰り出すほどの剛腕馬券師だったのだ。

3連単だって2点くらいで打ち抜く事2度や3度ではなかった。

その時も高レートで1点1000円...みたいな。



年末に、新たなる仕事仲間とのいざこざで、
金銭問題にまで発展し、
血で血を洗う現場の壮絶な鉄火場

を乗り越えたことがどうやら今回の覚醒を促したのだろうか。

もしくは、「訳アリ」で出かけた緊急東京出張、どうも女がらみらしく、
親戚の子供のお守りでディズニーランドに行った等と公言しているようだが、
ある情報筋によると、どうも
あちらで囲っている綺麗どころ女子複数とのラブ・カウントダウン
だったようだ。

煩悩の数だけ腰を突きまくっていたであろう事は、
帰国後のカモフラージュ・コメントからもうかがえる。

「東京まで車で長時間往復だったから、背中や腰がもうボロボロで…」
(全く疲れを感じさせない、肌ツヤの良いナイス笑顔で)



東京まで車で単独射出…超短期間での往復…

んな訳ないでしょ笑

どんだけアストロ超人なんですか。

「ゆく年くる年」の中継中ですら、千葉方面のラブホからその衝撃波が届いていたのだった。

ククク… 羨ましい…

そりゃギャンブルだって勝ちまくるわ…


これはここだけの話だが、Mは昨年末の離婚劇から全てを解き放たれ、

コンビニの女性店員に始まり、パチスロホールの女子従業員から

果ては美容室の担当スタッフ、さらにその上司に至るまで、

手当たり次第にあんな事やこんな事をやりたい放題で、

自慢のロンギヌスの槍とともに暴走し続けているのだった。








そんな調子で勝ち続け、トドメはメインレースの京都金杯。

馬連万馬券をやっぱりちゃんと押さえている。

な、何? 1点300円だ!?

終始勢いは止まらず、気がつけば大勝ち。

これは…もはや…神。


神といえば、「競馬の神様」と言われた人がいる。

競馬評論家・大川慶次郎。



大川慶次郎「予想の哲学」―競馬の神様と呼ばれた男 AmazonでGET!!


かつて、1日12レース全的中という神懸かり的な伝説を残したけれど、
大川さんは実はまあ、予想が堅いので、たまたまその日のレースが全て人気サイドの決着だったので
実はそんなに離れ業とは言い難いのだ。

そんな大川さんだって、馬連80倍超の馬券を1日3つも4つも取れるかといえば、否である。

大川さんに限らず、世の競馬評論家、予想家、ひいては競馬メディア編集者だってそんな事はできないだろう。

しかるに、覚醒した大工・Mは完全に逸脱していた。

まさに「アストロ賭博超人」なのである。

翌日になってもその熱は覚める事を知らず、スロットで大枚を打ち抜く。

ハーデスだって鼻歌まじりで天井を追うといった余裕。

Mは、もう、完全に全盛期の姿を取り戻したのだ。

鉄血にして、熱血にして、冷血の博打打ちの王・
キスシタロカ=アセルナロリコン=ハードナアンダープレイメイト
とは彼の事。





あっ 上映今日からだ!!

は、早く見たい〜!!!

スポンサーサイト
【2016/01/08 11:58】 | 競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
2015有馬記念 スピリチュアル予想
明日はいよいよ今年を締めくくる競馬のオーラス・有馬記念だ。

俺は毎年有馬記念はちょっと変わった予想の仕方をする。

最近の本ブログでの記事ネタにも通ずるのだが、
「瞑想イメージ予想」である。



イヤ、違うぞ鬼形くん、決してこのブログは宗教がらみではない。
ちなみにAMAZONで注文すればと明日届くぞ!!恐怖新聞 全5巻完結




...最近、だんだんこのブログは怪しくなってきた。書いている俺ですらそう思う。




何事も無かったかのように話を元に戻そう。

「瞑想イメージ予想」とは、
字面のまんまで、まあ、瞑想しながら当日の有馬記念でスタートから最後の直線までを想像する。
そして最後はどの馬がゴールしたか、というイメージを直感的に感じるためのスピリチュアル予想法だ。

偉そうに言っているが別に俺はそういう特殊な能力がある訳ではない。
でも、自分の中で蓄積された馬の過去のレースや実績からそれなりに
なんとなくではあるがそういうイメージが出てくることがある。

ちなみに2011年のオルフェーブルが優勝した有馬記念も、この予想法を試み、
見事に3連単を的中させた。

まああの時はオルフェが頭、というふうに最初からわかっていたので、
その上で瞑想イメージ法と合わせ技で予想したらドンピシャだった。

最初からわかっていた…

それはオルフェが明らかな1番人気だった、という下馬評からではなく、
勝つ馬を事前に知る事のできる予想法もあるのだ。

ならそれを使えよ、という向きもあるだろう。

しかしこれらの怪しい技は、毎回使えるものではなく、
ある種のタイミング、そして「気づき」が必須になってくる。
さらに、そのタイミングで得られた情報も100%ではない。(経験上)

その1着馬をあぶり出す予想法はまた別の機会に紹介しようと思う。
俺でなくても、誰にだってできる簡単な方法だ。
当たるときは恐ろしい精度で当たるんだけど。

ともかく、今回の瞑想イメージ法を使って導き出されたイメージとは。

レースで終始先行する2頭は、12番リアファル、これを追いかける形でキタサン、ラブリーデイあたりであった。
4角手前でいよいよレースが動き始め、この2、3頭にぞわっと後続馬が接近する。

中でも鮮やかな脚でアウトサイドから躍り出た馬がいた。
オレンジ色の帽子。

ゴール前100mくらいでルージュバックは一気に叩き合うリアファルとラブリーデイを抜き去った。
さらにルージュは、同じオレンジ色の帽子の馬を連れてきていた。

なんと最低人気(12/26現在)のダービーフィズだ。
信じ難い瞬発力で一気にルージュバックに襲いかかるも、
1馬身差でルージュバック快勝。
2着ダービーフィズ。
3着争いはクビ差でラブリーデイが踏ん張るリアファルを競り落とした。


arima2015

そんな… まじすか…

結構リアルなイメージであったが、
そういう馬券は普通の頭ではちょっと発想しにくい。

だからこそ、こういう予想で出てきた内容には大変興味がある。

という訳で、前日の今日だが、
忘れないうちにPATで購入しておいた。



3連単で13-14-4を500円。
さらに、2着ダービーフィズというのがどうしても信用できなかった(固定で買うのが恐ろしかった)ので、
3連複で13を頭にして、先ほどの2・3着を含む
4・7・9・12・14への流し馬券を200円ずつ。

しかしこの3連単、もし来たら凄い配当だよな。

正月は天国だなあ。

なにしよっかなあ。

やっぱピッカリさんかなあ。

てへペロ。

結局それかよ…


とまあ、以上が瞑想で出てきた映像だったのだが、
冷静な頭で考えた予想ではルージュバックは多分外すと思う。

そういう馬券も明日、ちゃんと抑えておこうと思うのだ。

理論(ロジック)か感性(クリエイティブ)か、どちらに軍配があがるのか。
あるいは両方崩れるのか。

今年最後の勝負?

いざ。
【2015/12/26 22:31】 | 競馬 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第弐話 瞬間、西田 重ねて



松○○○様

はじめまして。
Squier Classic Vibe Jazz Bassを落札しました
【c●●●●(Yahoo ID)】の【落札者(俺)の名前】と申します。
取引終了までの間、よろしくお願いいたします。



…と、またまた最近使用したテキストメモの流用で幕を開ける。
これはヤフオクでの落札後の取引きナビ用に使ったメモの残骸のようだ。

そう、つい最近、先週、ベースを落札した。
SquierのClassic Vibeシリーズのジャズベース。

欲しかったんだよね。

ここのところピッカリさんで連日勝ちが続き、利益をそのまま翌日のスロットで放出するのではなく、戦利品としての「形」にしておく。
たまにこういう行動をしておかないと、欲しかった物も買えないし、延々とスロットの鉄火場に身を焼き続けることになる。



もうそろそろクリスマスも近いのだから、

そう。

クリスマスプレゼントを買おう!

自分に。

という訳で、ヤフオクで落札してやったのだ。



商品が届くなり、
憧れのジャコパス仕様にしようとピックガードを引っぺがし…

と、

あれ?

あれあれ?

なんか違うぞ。。

思ってたのと微妙に...

上のピックアップの周りに、ザグリ(穴あけ)が入っている…

そしてピックガードを剥ぎ取った側のカッタウエイ部は丁寧に3カラーサンバーストになっている...

手を抜いているのか抜いていないのかよくわからない加工だ...汗

まあ安いベースだし、仕方がないか。

でもコレ、Squierだけどシリーズ中多分一番高いお値段のものなので、
そんなに悪い品ではないはずなんだが。

音も良いし、弾き心地もすこぶる良い。


そんなこんなで、擬似ジャコパス仕様ジャズベが我が家にやってきた。
(フレットは普通通りあるが)

そのうち、宝くじでも当てて、カスタムショップのジャコパスベースを買っちゃる…!!





…はい、やっと「宝くじ」なキーワードが出てきました。

本題(前回からの続編)スタート。



【前回までの簡単なあらすじ】

ある年末の朝、俺は夢枕に出てきた西田敏行を天啓と感じ、すぐさま宝くじ売り場で年末ジャンボ宝くじを買いに行った。
しかし、たまたま所持金がほとんど無く、財布の中には宝くじ1枚分がやっとこさ買えるほどの小銭しかなかった。
そして内的イメージで、利根川先生に怒られたのだった。



amazonで速攻ゲットっ!中間管理録トネガワ(1)



そして、運命の当選発表の日、ネットで確認してみた。


すると、

ナント

その時買った1枚のバラの宝くじ

見事に当たっていた!!

当選金額は3,000円


これには驚き、同時に少し落胆した。

正直、運がいいのか悪いのかよく分からない。

西田敏行が堂々と夢に出てきた以上、高額当選はまず間違いなさそうな筋書きだったはずである。

それが3,000円というのはどうにも微妙だ。

かといって、これが末等の300円当選であったならば、1/10の確率、
日常的によくある話なので、夢枕事件に発展させるほどの事でもない。

1枚だけ購入して3,000円が当選するなんざ、それはそれで結構強いヒキであると言える。

が。

が。

やはりそれでも、西田敏行効果をもっともっと甘受したいというのが人の情というものだ。

もしその当選額が3,000万円であったなら、この話は間違いなく週間現代などの宝くじ当選エピソードに採用されるだろうし、
俺もそのネタでもう少し大々的に自慢ができようというものだ。

このネタだけでもブログのアクセス数は半端無く跳ね上がるであろう。

そして下記のような恐怖新聞アフィリエイトもガンガン売れまくり、
俺が寝ている間にもチャリンチャリンお金が口座に振り込まれ続けるのであろう。


イヤ、違うぞ鬼形くん、そんなバカな事は起こらない。それはまだ夢を見ているだけだ。
ちなみにAMAZONで買うと明日届くぞ!!恐怖新聞 全5巻完結



まあ、そんな事が実際にあったのだった。

夢というのは時におそるべき現実を示唆するものであるという事がよくご理解いただけたのではないかと思う。

問題は、
「本当に実現するもの」
「そうでないもの」

が悪魔の嘘のように混在していて、
我々が普通の精神状況で簡単に判断がつきにくいという事だ。

今回紹介した西田敏行の件にしても、
何かひとつタイミングや行動がずれてしまえば、
アッサリはずれていたという可能性も十分にあるし、
その逆にとんでもない金額の当選を成し得たという可能性だってあるのだ。

何か素晴らしいものを得るソース(チャンス)としては、夢だけに限った事では無く、
実は我々の周りには気がつかないだけで、たくさんの現象からそれを感じ取ることだってできるのかもしれない。
(もちろん良い事ばかりとは限らないが)

ただ、我々はあまりにも日常的に生き、日常的に物事を考え、また考えないあまり、
そういった重大なサインを見過ごしがちなのかもしれない。

重大なサイン?

それってどこからやってくるの?

宇宙?

神?

はたまた自分自身の深いところ...?


そういう事を考え始めると、新興宗教が生まれてしまいそうになるので

そのあたりは個人の思考に任せることにしよう。

要は、ファンタジーという現象が起こったのなら、その体験を楽しみ、大事にした方が人生的な幅がググッと広がるんではないだろうか?




西田敏行様、その節は大変お世話になりました。

また近く、なんかあったら是非夢の中でも構いませんのでお姿を拝見したく思います。

お待ち申し上げております。



中井貴一も大活躍!!ステキな金縛り。amazonでどうぞ。


【2015/12/19 20:03】 | 科学と神秘 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
第壱話 西田敏行、襲来


【鼻づまりを治す6ステップ】
ステップ1:深く息を吸う。
ステップ2:吐く息がなくなるまで、ゆっくりと息を吐く。
ステップ3:鼻をつまむ。
ステップ4:頭を上下にゆっくりと動かす。空を見て、地面を見るまで2秒くらいのスピードで。
ステップ5:これをもう息が必要という、ぎりぎりのところまで続ける。
ステップ6:鼻づまりが解消した、空気の通う鼻呼吸を楽しむ。


...イヤ、そういう事が言いたかった訳ではない。

これは、たまたま昔ネットで調べていた「鼻づまり解消法」をメモしていたテキストだ。

俺はブログの記事を毎回このように、過去のテキストメモをコピーして、それに下書きをして調整して校正してアップをするのだ。用意周到である。

鼻づまりのくだりは、そうした、過去のテキストメモにあった一文なのである。

他人がどっかにアップしたもの(Yahoo知恵袋かなんか)だけど、せっかくなのでこれからの時期、役に立ちそうな情報なのでついでにアップしてしまえ、という突然の、成り行きの「共有使命感」である。

どのブログもそうだと思うが、記事をアップする管理画面はweb上のページ上に存在するため、その管理ページを開いて考えながら記事を書いていくと、何かのアクシデントでページが飛んで、過去に途中まで打ち込んでいた文章が消失するといった事故に何度か見舞われたため、このようなやり方に変えたのである。

こうすれば記事をしっかり保持しながら完成させられる。

知恵だよ。な。

…って、そんな自分流の小技を披露したかった訳でもない。



さて本題だ。


前回アップした「夢が実現してしまうブログであることのカミングアウト」から少し考えていた。

なにせ見た夢3本中3本が実現したのである。

流れを考えると、当然、見た夢をアップし、4発目の行方を実験したいところではある。

これがまたしても実現したとなれば、もうこのブログはスーパーナチュラルとしてのジャンルに格付けされてもおかしくはない。
ナショナルジオグラフィックでプログラムが組まれてもなんら不思議はない。


イヤ、違うぞ鬼形くん、君が主役の漫画タイトルを間違えてはいけない。
ちなみにAMAZONで買うと明日届くぞ!!恐怖新聞 全5巻完結



しかし。

しかしだ。

実現することを前提とした時、ブログにアップする夢はどうせなら「自分にとってメリットのある夢」である必要がある。

下手に中途半端な状況の夢をアップして実現されても。

宝くじが当たる夢でも見た日には、即アップだが、不幸な夢とかはさすがに躊躇する。

というか絶対それはアップできない。

検証もロクに終わっていないから本物かどうかも分からないが、それでも怖いワ。

なのでどうせ検証するのなら「Happyな夢」でいくべきなのである。

ところが、以前にも夢カテのどれかの記事にも書いた通り、近年、「Happyな夢」というのがサッパリ見れていない。

年に何回そんな夢を見ることやら。

見ても数日経てばまず完全に忘れるから、とにかくすぐにメモをする習慣をつけなければこういったブログにもアップできない。

最近「夢日記」(正確には夢テキスト)なんかずっとつけてないし。

そもそも、そんなもの律儀に毎日つける方がどうかしている。

仮にそんな習慣があったとしても、俺なら決してヒトには言わないだろう。

ブログでは公表するにしても。

そんな浮世離れした性癖を他人に知られることは危険である。
既に浮世離れした生活だったりするが。

特に仕事上の相手にそれを知られるのは危険だ。

俺が中二病だなんて。

生涯治らない不治の病同然のフェティシズムを持っているだなんて。

普通のヒトのふりをして、ぎりぎり社会性を保ちながらこれまで渡ってきた
か細い鉄骨の上。

何かひとつでも間違えば即転落。

地上74メートル魔天の地獄。

集え!スターサイドホテル!!


amazonで一気読みだ!!賭博黙示録カイジ 全13巻 完結コミックセット

...という訳で、残念ながら、
ここで発表できるような夢のネタはまだ無いのだ。

したがって、当然、本記事のカテゴリも「夢」ではなく「科学と神秘」とする。
(下手に夢カテには設定できないのだ…)


…と、ここまで書いてふと思い出した。

さっきの宝くじが当たる夢。

今となってはまあ、それなりに面白い経験だったのだが、これは本案件にも繋がってそうな、興味深いネタなので是非アップしておこうと思う。まあ、実際には終わった話なので。


今からそう、6、7年も前の話だ。

その年の年末に夢を見たのだ。

夢には西田敏行が出てきた。


西田敏行といえばステキな金縛り。amazonでどうぞ。

そのあとすぐに目が覚めたのだが、それしか覚えていない。

西田敏行…

なんだろう??

...と、寝ぼけた頭でぼーっと考えていた。

その刹那、脳に閃光。西田敏行とテレビのCMが繋がる。

うをっ..!!

こ、これはっ…!?



そう、年末ジャンボのCMといえば西田敏行。

そして、宝くじが当たった体験談にはこの手の話は結構ある。

俺はすぐさま宝くじの販売終了日をネットでチェックしてみた。

すると、なんと、まさにその日が年末ジャンボ宝くじ販売最終日。

天啓っ!!

僥倖っ!!




amazonで大人買いだっ...!逆境無頼カイジ DVD-BOX (5枚組)


神がオレに勝て、と言ってきたのだ。

俺は半ば興奮しながら用意をして、車を走らせた。

途中、財布の中身に気がついた。

まずいっ!!

今は現金がほとんどない状態だ。

給料日前(その当時はサラリーマン)で、口座にもお金がほとんど無く、貯金もゼロ。

そして財布の中身を確認すると、あろうことか400円を切っている。



amazonで速攻ゲットっ!中間管理録トネガワ(1)


ぐっ...!!

しかしっ

しかし、1枚。1枚なら買えるっ..!!

神のチケットっ..!!

バラっ…!!

ぎりぎり最後の勝負っ..!!

神よ、オレを祝福しろっ..!!



沼対決もあるぞ!! 破戒録篇 DVD-BOX Ⅱ (本編4枚組)



こうして宝くじ売り場で年末ジャンボ宝くじをバラで1枚、買った。


さあ、これ、どうなったと思う…?



この次も、サービスサービスぅっ★

【2015/11/25 22:57】 | 科学と神秘 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夢が実現してしまうブログであることのカミングアウト
そこそこ凄い非日常体験を告白してやる。

実は、昨年あたりから、このブログで公開したいくつかの記事が現実になっている事に気がついた。

「夢カテゴリ」内の記事がだいたいそうなる。

…っていうか全部そうなった。



その気になればAMAZONでデスノート一気読みできるぞ!!


告白その①
「俺の夢」
http://iillustrator.blog70.fc2.com/blog-entry-36.html

これは既に告白済みで、自分が飲酒運転で警察にタイーホされる夢を見た数日後に、中学校時代の友人が飲酒運転でタイーホされる、といった話があったのだが、実はその後まだ現実化し続けたのであった。結構ヘヴィーな内容となってしまったのでこれ以上は書かないでおく。



告白その②
「みちのく博打旅の夢」
http://iillustrator.blog70.fc2.com/blog-entry-32.html

この時に出てきた「ごっつぉ先輩」なのだが、なんと、この記事を書いて間もなく、地元で再会することになる。
まあ近所の方だったので、ずっとこちらに住んでいらした。
さらに、それから数ヶ月後、つまり先月の事なのだが、まさかの「ごっつぉ先輩」と地区のスポーツ大会でペアを組んでの出場、そしてあろうことか我が地区は総合優勝をしてしまう。
こうなると並ならぬ縁を感じざるを得ない。あの夢は明らかに「ごっつぉ先輩」との再会を示唆していたのだ。




そんで極めつけがこれだ。

告白その③
「超・高レートギャンブル・スルメイカミキサー」
http://iillustrator.blog70.fc2.com/blog-entry-45.html

前回の記事「超・高レートギャンブル・スルメイカミキサー」の結末、夢の中で、見事に137万円を得たのだが、この金額にも恐るべき符合が見られたのであった。

あの記事を書いた週末の事だった。

あまり声を大きくして言える話でもないのだが、この時期(まあこの時期に限らずいつもなんだけど)恥ずかしながら借金をせざるを得ない状況であった。
以前に事業者用融資を受けている、とある金融機関に相談をしており、追加融資がおりるかどうかの瀬戸際だった。
決定通知の日、それはもう天にも祈る気持ちでドキドキしながら待っていると運命の電話は鳴った。

結果、追加融資OKで、なんとか地獄の門をクリアし、その安堵感に放心状態となっていた。
そして追加融資を合わせたこれまでの融資額+利息の総合計を担当者から聞いたときに、戦慄が走る。
合計で137万205円

そんな経緯があり、なかなか公表するのも微妙なネタだっただけに、これら一連の夢ネタについて、
これまでどうにも筆(パソコンのキーボード)が進まなかったのだ。

だって…

今このブログ内の「夢」カテゴリの中の記事、3つあって3つとも実現しているのだ。

100%じゃん。

あの有名な漫画か!?



AMAZONで買うと明日届くぞ!!恐怖新聞 全5巻完結


...なんかそうなるとな、簡単にブログに夢ネタとかアップできねーよ。

どらえもんにそういう夢実現ツールを出してもらってマジで実現するもんだから
ビビり始めているのび太みたいな心境なんよ。




これらの事象、好奇心の観点からは強く惹かれるけど、
いい事も悪い事も中途半端な事も全て起こっているので。。

夢というのはどこまで人の未来を語るものなのか。

そして何故こんな事が起こり始めているのか。

たまたま?

いんや、そうは思えねえだ!!

この謎は必ずや解き明かしてやるっ!!

じっちゃんのナニかけて!!



AMAZONで全巻手に入るけど読むのはしんどいぞ!!



【2015/11/09 21:04】 | 科学と神秘 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ